裏罫【うらけい】

約0.4mmの罫線。活字組版では、アルミニュウムや亜鉛などの薄い板の片方を山形に削ったものを細い罫線(表罫)に使い、削っていない裏側を使うと表罫よりも太めであることから裏罫と呼ばれる。

<<前の記事 次の記事>>

一覧に戻る

メールでのお見積依頼、お問い合わせはコチラから

メールでのお見積依頼、お問い合わせはコチラから