1. 吾妻印刷トップ >
  2. 吾妻の印刷用語集 >
  3. DTP【ディーティーピー】

吾妻の印刷用語集

DTP【ディーティーピー】

(Desk Top Publishing デスクトップパブリッシング)。パソコンやワークステーションを使い出版物を製作すること。1985年にマッキントッシュ版のレイアウトソフト"ページメーカ"が発表され"デスク・トップ・パブリッシング"が提唱された。DTPには、パソコンのモニタ上に作成したいイメージ通りに文字や図が見え、その状態で編集作業ができる環境が不可欠であり、この条件を満たしたパソコン(及びアプリケーションソフト)が現れて初めて実現された。
マウスによる使い勝手のいいGUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェイス)環境を備えたコンピュータを発表したことと、アドビ社が、従来のギザギザ文字のドットプリントから、ページ記述言語としてのポストスクリプトタイプのフォントを発表したことの三つの条件がそろって初めて可能になったといわれている。三社の頭文字をとって、通称、3A宣言と通称呼ばれている。これらの条件が整うことにより、パソコン上で、単に文字データが扱えるだけでなく、図版や静止画を含んだイメージ情報全体が、一つのディスプレイ(テレビ画面のような表示装置)上で再現することが可能になったわけである。見たままの画像が,レーザプリンタを使って文字も図形も版下として得られる機能のことをWYSIWYG(ウィジィ・ウィグ=what you see is what you get)と呼ぶ。

<<前の記事 次の記事>>