環境への取組み

横浜を拠点に70年。その培った技術やノウハウを活かします。

環境への取組み

地球環境に配慮したFSC®森林認証紙を取り入れています

紙の原点となる森林そのものを資源ととらえ、環境保全と経済の両面を考慮した持続的な利用で「資源循環型の社会形成」を目指すこのFSCシステムは、「森のリサイクル」として世界最大の民間自然保護団体「世界自然保護基金(WWF)」をはじめ、さまざまな環境保護団体の支持を集めています。その中でも商業印刷用紙は、そのような世界的な基準の元で管理された森の木だけを使う「FSC®森林認証紙」として色の再現性も高く、種類も豊富です。健全な森林の育成をサポートしつつ、お客様のご要望に沿った印刷用紙をご提案します。

印刷インキは環境に優しいベジタブルインキ

以前は植物油※を使ったインキと言えば、大豆油を使った「SOYINK:ソイインキ」を指していました。これはアメリカ大豆協会が主導してできた「ソイインキ」ですが、このところの環境配慮(有機溶剤の規制)の広まりと、輸送マイレージの削減などもあり、現在ではベジタブルインキの使用が一般的になっています。
※植物油とは
再生産可能な大豆油、亜麻仁油、桐油、ヤシ油、パーム油等植物由来の油、及びそれらを主体とした廃食用油等をリサイクルした再生油のことです。

UV印刷には専用のUVインキ

紫外線(UV)の照射でインキが硬化・乾燥して、強固な皮膜を作ります。このインキは、VOC成分が極めて少なく大気環境保全に優れた環境対応型インキです。

FSC®森林認証紙とベジタブルインキ

吾妻印刷環境方針