吾妻印刷がある横浜のイメージ写真です

帳票豆知識オプションも多彩に帳票のおはなし

2019年12月で創業70年を迎える吾妻印刷。
その創業当時から今も受け継いでいるのが“帳票”です。
当時は、活版印刷機で職人が一枚一枚丁寧に印刷し、仕上げていました。

本社に今も残る当時の活版印刷機。
片隅に置かれた機械はその役目を終え、今も社員を見守り続ける。

そんな帳票ですが、印刷技術の発展に伴い、様々なオプションがあり、ユーザーがカスタマイズしてより使いやすものとなっています。今回はその一例をご紹介します。

4枚綴りの伝票。用紙カラーは上からアサギ、クリーム、ピンク、シロのノンカーボン紙(筆圧を感知し、肉筆と同様の文字などを複数枚に渡り複写を行うことの出来る特殊な用紙)に印刷しています。

option1 ナンバー印刷

伝票などの通し番号を各ページに刻印します。お入れする位置はご要望に沿ってお入れします。

option2 穴あけ加工

お客様の既存ファイルに綴じやすいように左側に4〜6mmの穴加工をします。

option3 セット糊

帳票類は1冊にまとめたものからバラでセットとして使うものもあります。この糊はセットごとに綴じるもので、はがしやすい強度にしています。

option4 社印印刷

請求書や領収書は必ず社印が必要となりますが、毎回押印するのは面倒なもの。あらかじめ社印を朱インキで印刷しておけばひと手間省くことができます。

option5 折込下敷き

ノンカーボン紙は下敷きが無いと下まで複写されてしまいます。裏表紙のボール紙を折込んで、コンパクトにその場で下敷きとしてご利用できます。

option6 ミシン加工

切り取りは、ほぼ必須となる複写帳票類。ミシンを入れて切り取りやすく加工するものです。多くの場合はミシンを入れた後、1冊に綴じる加工を施します。

これらのオプションはポピュラーなものですが、その他、様々なご要望にもお応えできます。お客様のカスタマイズでお客様だけの、オリジナル帳票も可能です。お気軽にご相談ください。


吾妻印刷株式会社